データ収集方法

二つのデータ収集方法

RFIDタグシステムは、来場者にストレスを与えることなくイベント会場内の行動履歴を取得することができます。
来場者受付で来場者に発券される来場証には、RFIDチップが埋め込まれています(来場者情報は受け付けの際にRFIDチップに瞬時に書き込まれます。)ので、イベント会場の要所に設置したリーダーアンテナ(ゲート)を来場者が通過するだけで、自動的に行動履歴を通過や対応のログを取得する方法です。

受け付けの手続きを行う際に、来場者一人一人に割り振った番号をバーコードで表記し、展示会場やセミナー会場の入り口にてバーコードを読み取り、通過や対応のログを取得する方法です。

RFIDタグシステム×バーコードシステムの比較

バーコードシステムとRFIDタグシステムの二つの運用の違いについて、理解が深まるよう同じシチュエーションで比較しながら見ていきます。

RFIDタグシステム × バーコードシステム比較